ごあいさつ

深川江戸資料館が面した、江東区三好・白河一丁目の清澄通りから現代美術館のある四丁目までの約900メートルの間に約100店舗が商いをしている。それが“深川資料館通り商店街”です。
この商店街組織である「深川資料館通り商店街協同組合」は、昭和23年に任意団体「区役所通り商栄会」として発足し、昭和36年に商店街組織をより強固にするため「江東区役所通り商店街協同組合」に法人化しました。その後、昭和49年に江東区役所の東陽町への移転に伴い名称を「元区役所通り商店街協同組合」に変更し、さらに、江東区役所の跡地に深川江戸資料館が完成した昭和62年に現在の名称に変更しました。

 

特徴

数々の歴史ある寺社仏閣、史跡に囲まれた、深川の人情あふれる商店街で清澄白河駅より徒歩1分、清澄通りと三ッ目通りを結ぶ所にあります。

呉服屋、豆腐屋、石屋、など昔ながらの店が立ち並び、今なお下町情緒を残した縁台の似合う街です。入口の江戸資料館付近は夏も涼しいケヤキ並木、現代美術館側は春には白とピンクの花が楽しめます。

木場

かかしコンクール

平成10年より毎年9月1日から敬老の日まで、広く応募のあった“かかし”を期間中商店街路上に展示する“かかしコンクール”を行っております。

【2006年】
「越後妻有アートトリエンナーレ2006」という国際芸術祭に95本の「かかし作品」でアーティスト参加。“癒しの展示”と好評を博しました。
【2012年】
大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2012」にて
深川資料館通り商店街協同組合+大地の芸術祭実行委員会共催で「世界かかしコンクール」を開催いたしました。

 

深川美楽市 公式サイト>>> FACEBOOKページ>>>

 

​露店販売、パフォーマンス、ものづくりの発表・販売などの手作り市「深川美楽市」!
「うつくしいもの、楽しいもの、なんでも市」をテーマに、資料館通り商店街メンバーを中心として清澄白河内外からたくさんの出展者が集まります。すてきなものに出会いに、ぜひお越しください。

 

花みずき 街角誰でもアーティスト

平成13年より毎年4月後半より昭和の日まで、一般公募した絵画や書などを、商店街ウィンドウや店内に展示する「花みずき街角誰でもアーティスト」を行っております。最近はプロのアーティストも参加し、外部からの来街者も増えています。また、それぞれに合わせたイベントなどもあります。

 

深川お化け縁日 公式ブログ>>> FACEBOOKページ>>>

「深川お化け縁日」は2010年より毎年、深川資料館通り商店街を中心に、様々な怪談イベントを企画開催している「深川怪談」の夏の目玉イベントです。

 

 

東京商店街グランプリ

2006年10月より空き店舗対策事業によるコミュニティスペース「深川いっぷく」をオープンさせ、第3回「東京商店街グランプリ」活性化部門 グランプリを受賞しました。