深川資料館通り商店街協同組合は、昭和36年に法人化された、東西に延びる約800メートルの長さに、おおよそ100店ほどの商店が建ち並ぶ近隣型の商店街です。
東京メトロ半蔵門線、および都営地下鉄大江戸線の「清澄白河」駅より徒歩で2分ほどの好立地で、近所には清澄庭園や木場公園、小名木川などの観光スポットや、東京都現代美術館、それに商店街の名前の元にもなっている深川江戸資料館などがあります。下町の人情と、個性的な店がならぶ、資料館通り商店街へ、是非お越しください。